友達感覚過ぎる風俗嬢の今後の期待

投稿日:2016年11月12日

愛らしさ抜群のミルキー美人、23歳のY嬢でしたが、ややその愛らしさが仇になっていた感がありました。なんというのかとても愛らしい子だったんですけど、あまりにもお部屋で友達とダベっている的な接客感が強過ぎて、風俗プレイもマッタリしたまま進行してしまったんですよね。やっぱり風俗では客と嬢の間にはある程度の緊張感があった方が良いと思うんです。その方がいやらしいプレイが出来ますからね。ただ悪気はないというか、多分あまり男慣れしてないため友達感覚でしかプレイ出来ないというのは伝わってきました。逆に友達感覚で癒されながらプレイしたいという人には彼女は最高の嬢なんだと思います。オッパイも理想的大きさでしたし、フェラテクも良かったですしね。ただ素股はあまり得意ではないようで、リズミカルなグラインドが出来ていなかったのはちょっと残念でしたね。お見送りのディープキスは愛情たっぷりって感じであれで救われたって感じかな。もう少し成長を待ってまた指名してみたい嬢でした。

風俗嬢の脂肪を揉むのが最高の癒し!

デブ専ってわけではないんですけど、ちょっとポッチャリ目の風俗嬢のお肉をモミモミするのが好きなんです。あれは猫の肉球を揉むのと同じような快感とでも申しますか‥毎回やりたくなるわけじゃないんですけど、時々無性に揉みたくなるんですよね。エロな快感を求めて風俗に行くのは普通だと思うんですけど、こういう癒しを求めて嬢の脂肪を揉みに行くなんて、ワタクシ相当疲れているだと思います。しかもなんというか揉みがいがありそうな激ポチャの嬢だとむしろ揉み甲斐がないんです。ちょいポチャぐらいが実はちょうど良い。肉の中に手が埋もれてしまうんじゃなくて、肉がちゃんと?める感覚っていうんですかね?あの感覚が仕事に疲れている時のストレス解消になるんですよね。友人の誰に話してもわかってもらえない感覚なんですけど、わかってくれる人っているんでしょうか。尻やオッパイを揉みたい人は多いでしょうけど、ワタクシは腹のお肉を鷲掴みしたい派なので余計に理解されません。