風俗で笑いが止まらなくなった経験

投稿日:2016年12月7日

この前のイメクラの痴漢コースで思わず笑いが止まらなくなって困っちゃいましたよ。このお店は電車セットに何人かの嬢を大股開きで立たせて、その股の間をくぐって悪戯をするというプレイがあるんですけど、まず設定に無理がありますよね。で5人の嬢に5人の客でこのプレイをして、その後気に入った嬢を指名して、その後は個室でそれぞれプレイってスタイルでした。まず大の大人が5人、嬢の股ぐらをくぐっている絵図が可笑しかったですし、その姿をお互いが見ているというのも笑えましたね。まぁ女子の股ぐらの下を芋虫のように這いずって、下から女子のアソコに悪戯するというのは、確かに風俗でしか出来ないプレイではあるのでそれはそれで楽しめましたね。ただ風俗嬢の1人が腰を辛そうに擦っていたのがちょっと可哀想でした。腰を振り過ぎて腰を痛めるというのは風俗ならありそうな話ですけど、中腰のし過ぎで腰を痛めてしまうというのは中々ないような気がしますよね。

垂れかかっている風俗嬢も乙です

垂れているのではなく、なんか全体的に垂れかかっている風俗嬢と箱ヘルでプレイ。完全に腐っていない腐りかかりの果物が美味しいように、この嬢もギリギリ感がたまりません。体だけでなく目元も垂れ気味の嬢だったのですが、想像上通りM気質の優しい子だったのでプレイしやすかったです。会話の所々で北の方の方言が出てくる所も純朴な感じがして良し。ただお尻にややデキモノが多かったのは風俗美肌好きのワタクシとしてはやや難点でした。丁寧な全身リップは要所要所で手での刺激も忘れないまさに妙技でしたし、こちらの尻を抱え込んでの潜望鏡もスピードの強弱が絶妙で早くもイカされてしまいそうになりました。ただ湯の温度はどう考えても熱過ぎでしたね、あれは店側のミスだと思うんでけど次回は注意してもらいたいものです。自分の体の魅力をよくわかっている嬢なのでフィニッシュ後のトークでも体を密着させてきます。おかげで気持ち良くプレイが終えられました、ありがとうKちゃん。